【Bucket List】死ぬまでにやりたいことリスト100

こんにちはAyumiです!

先月の1月28日に28歳になりました。

今年は春から海外就職が決まり、それに備えて福岡から東京への引っ越しと少し大変な1年になりそうです。

それと同時に、私の人生においても大きな転換期になると思っています。

改めて、これから自分がどうなっていきたいのかに向き合うために「バケットリスト」を作ることにしました。

Ayumi
人生最高だぜ!

こう思いながら、人生の幕を下ろせたらいいな!と思います。

 

バケットリストとは何か?

簡単に言うと「死ぬまでに自分がやりたいことをまとめたリスト」のことです。

「kick the bucket」という英熟語から誕生した言葉と言われています。

kick the bucket=死(自殺する)

自殺をする時にバケツ(buket)の上に乗って、自分の命を断つ瞬間にバケツ(bucket)を蹴る、という状況から「死」を表す用語になったそうです。

それが由来でアメリカでは「bucket list=死ぬまでになりたいことリスト」を書く習慣が生まれました。

 

映画「最高の人生の見つけ方(原題:The Bucket List)」で登場

ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマン主演の「最高の人生の見つけ方(原題:The Bucket List)」はバケットリストを題材にした映画です。

余命6ヶ月を宣告された2人の男が、死ぬ前にやり残したことを実現するために2人で冒険に出るハートフル・ストーリー

 

バケットリストをつくる効果

やりたいことリストを作ることで、自分のやりたいことが可視化できます。

実際に書き出してみることで、自分はこれからどんな人生を送りたいのか・何を実現したいのかがはっきりしてくるんです。

実は2年くらい前に、「やりたいことリスト100」を作成していました。

そのリストは消してしまったので今は見ることはできないのですが、

  • 1人で海外旅行する
  • 台湾旅行する
  • 自分で撮影・編集した動画作品をYouTubeにあげる

これらの項目を達成することができました。

 

やりたいことがわからないは思い込み

悩める人
自分のやりたいことがわからない
悩める人
自分には何も好きなことがない
こう思っている人はいませんか?それは単なる思い込みです!

「自分には出来ない」と心の中で思っているから「やりたいことがわからない」に繋がるのです。

実現可能かは別として、まずは自分がやってみたいことを書き出してみましょう!

 

バケットリストをつくる時のルール

死ぬまでのやりたいことリスト(bucket list)をつくるに当たって、以下のルールをつくりました。

My Rule
  • 今の自分にできるか、できないかは考えない
  • どんなに些細なことでも、大きな夢でもいいから書き出す
  • いつでも書き換えOK
  • やりたいことのジャンルは問わない
  • 絶対に諦めず100のリストを実現すること

リストを作成するに当たって一番大事なことは「自分の欲求に素直になること」です。

常識や実現可能性を考えるとなかなか100個出てきません。

そして、周りの目なんか気にしてはいけませんよ。

自分のやりたいことを見失ったら、それはもう自分の人生を生きていないことになります。

 

Ayumiの死ぬまでにやりたい100のリスト / This is my bucket list.

公開するのは少し恥ずかしいですが、コミットメントは大事なので公開します!

  1. スカイダイビングをする
  2. 二重整形する
  3. ウユニ塩湖に行く
  4. スキューバーダイビングをする
  5. HSK5級(ビジネスレベル)を取得する
  6. TOEICで800点を取る
  7. 映像クリエイターとして仕事を得る
  8. 尊敬できるパートナーをつくる
  9. 子供を2人授かる
  10. Go proをゲットして水中撮影をする
  11. ドローンで空撮をおこなう
  12. ベトナムのホイアンに行く
  13. 副業で10万円稼ぐ
  14. 30代でセミリタイアする
  15. 年収1000万円稼ぐ
  16. 講演会・セミナーを開催する
  17. 本を出版する
  18. オリジナルブランドを立ち上げる
  19. タワーマンションに住む
  20. フルマラソンを完走する
  21. teamLab Planets TOKYOに行く
  22. MUPカフェに行って竹花貴騎さんに会う
  23. 両親を海外旅行に連れて行く
  24. 多国籍の人と一緒に働く
  25. 年越しを海外でする
  26. 気球に乗る
  27. ゲイバーに行く
  28. マリーナベイサンズの屋上プールから夜景を楽しむ
  29. フリーランスとして働く
  30. DaVinciResolveでバリバリ動画編集する
  31. パートナーと世界中を旅する
  32. 海外で働く
  33. イルカと一緒に泳ぐ
  34. マカオタワーのバンジージャンプに挑戦する
  35. FUWAちゃんに会って一緒にどんちゃん騒ぎする
  36. Airbnbを利用する
  37. 台湾で本場のタピオカティーを飲む
  38. 台湾のウユニ塩湖「高美湿地」に行く
  39. 47都道府県全てを訪れる
  40. オーロラを生で観る
  41. 世界三大夜景を制覇する(香港、モナコ、長崎)
  42. 日本三大夜景を制覇する(長崎、札幌、北九州)
  43. 中国・深センに行って最新のテクノロジーに触れる
  44. Google社のオフィスに潜入する
  45. 夜の街をヘリコプターで旋回したい
  46. 資産1億円つくる
  47. スラム街を訪れて現地の人の生活に触れたい
  48. クルーズ船で世界一周旅行をする
  49. 全身脱毛して肌をツルツルにする
  50. 腹筋をシックスパックに割る
  51. 1週間断食生活する
  52. 高校時代3年間片思いした人に会う
  53. ファーストクラスのフライトに乗る
  54. ハンモックに揺られながら寝たい
  55. CEO(最高経営責任者)になる
  56. 死ぬまで子供に尊敬されるお母さんでいる
  57. 富裕層の男性にナンパされる
  58. 歯のホワイトニングをする
  59. スノーボードをする
  60. シェアハウスで生活したい
  61. グラフィックデザインの案件を受ける
  62. モンスターエナジーとスポンサー契約を結ぶ
  63. 空港の有料ラウンジを利用する
  64. 死海に何も考えずただ浮かぶ
  65. 全身天然泥パックする
  66. 女性管理職になる
  67. 難民キャンプ(スラム地区)で炊き出しを行う
  68. 難民キャンプ(スラム地区)で支援物資を行う
  69. 海外生活をテーマとしたコンテンツをつくる
  70. スペイン・イビサ島で狂ったように踊る
  71. ブログで月間PV数100万を達成する

 

 

最後に

今回の記事では「バケットリスト」について書きました。

まずは書き出してみることが大切です。

どんな人生を送りたいのか・何を実現したいのかが明確になってきます。

「人生の100のリスト」著者であるロバート・ハリスさんはこんなことを言っています。

”人生でやりたい100のリスト”は、自分自身の生き方を見つめ直しやりたいこととやるべきことを明確にしてくれる人生の羅針盤だ

人生に不安を抱いている人や何もやりたいことがないと感じる人こそ、バケットリストをつくってみてください。

▼世界中を旅したい人におすすめの本▼

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です