【保存版】銀座のオススメ観光スポット!女子ひとり旅【2020最新】

名前
銀座の観光スポットを知りたい!今回初めて銀座を訪れるので、定番の観光地を知っておきたいです。あと、女性ひとりでも楽しめるようなプランとかあると嬉しいなぁ。

こういった疑問に答えますね。

本記事の内容

  1. 銀座の絶対行くべきおすすめスポット【3選】
  2. 銀座で1日観光モデルコース

先日、ひとりで銀座観光しました。

私は福岡から上京してまだ3週間ほどしか経っていないのですが、銀座をかなり楽しむことができました。

女性ひとりでも、そんなに金を使わなくても十分に楽しめます!

実際にどんなプランで観光したのかも含め情報をシェアします。

 

銀座のおすすめ観光スポット【3選】

結論は下記の3つです。

  • その①:銀座木村屋総本店
  • その②:銀座出世地蔵尊
  • その③:GINZASIX

それでは見ていきましょう!

 

その①:銀座木村屋総本店

あんぱん発祥のお店として有名な「銀座木村屋総本店」

店内1Fでは小倉、白あんの定番から季節ごとのあんぱんが販売されていました。

手のひらサイズのあんぱんなので、持ち歩きながら観光もアリですね!

私は店内1番人気の「あんバター 250円」を購入しました。

これはあんぱんではないのですが、かなりおすすめです!

フランスパンの生地の中に、あんことバターが入っているのですが全然くどくない。

ずっしりと重い感じもないので、ペロッと食べれてしまいます。

さすが銀座!上品な味でございます。

 

行き方:銀座駅から徒歩2分アクセス抜群です!

見た目パン屋の感じがしなかったので、一度通り過ぎてしまいました。

Googleマップを使えば大丈夫なので不安な人はGoogle先生に頼りましょう。

  • アクセス:東京メトロ 銀座線・丸ノ内線・日比谷線 銀座駅より徒歩2分
  • 住所:東京都中央区銀座4丁目5−7
  • 公式サイト:銀座木村屋総本店

 

その②:銀座出世地蔵尊

社会人必須のスポットです。

あんぱんのお店「銀座木村屋総本店」の目の前にある銀座三越の9Fテラスにこの地蔵はいます。

一角だけ雰囲気が異様に違うのですぐにわかるかと。

出世や就職祈願、合格祈願にもご利益があるそうなので社会人だけでなく学生にもおすすめです!

仕事に行き詰まっっている時に私は行きました、効果は不明です。

 

行き方:「銀座木村屋総本店」の目の前です

信号渡って目の前に三越はあるのでまず迷うことはありません。

最悪Googleマップですね。

  • アクセス:東京メトロ 銀座線・丸ノ内線・日比谷線 銀座駅より徒歩5分
  • 住所:東京都中央区銀座4丁目6−16
  • 公式サイト:銀座三越

 

その③:GINZASIX

銀座を一望したい人におすすめです。

東京タワーとスカイツリーも観えます!

夕方とか夜がかなりおすすめです!

写真は3月の18時頃なのですが、東京タワーの色と夕焼けがマッチして綺麗に撮影できました。

昼間ももちろん綺麗なのですが、幻想的な景色が好きな人は俄然夜ですね。

ゆっくり銀座を一望したい人は平日に行くのがいいです。

 

行き方:駅チカ徒歩でOKです

  • アクセス:東京メトロ 銀座線・丸ノ内線・日比谷線 銀座駅A1出口より徒歩2分
  • 住所:東京都中央区銀座6丁目10−1
  • 公式サイト:GINZASIX

 

Googleマップがあれば大丈夫

紹介した3つのスッポトは場所が近いので徒歩で行けます。

銀座の街を眺めながら移動がおすすめですが、道に迷いやすい人はGoogleマップを使いましょう。

GSP(位置情報)使うと充電の減りが早いので不安な人はモバイルバッテリーを持ち歩きましょう

 

銀座で1日観光モデルコース

ここからは観光モデルコースの紹介です。

私が実際に銀座観光した時の流れをまとめました。

 

なお、一点だけ注意点があります。

移動は全て徒歩:スニーカーがおすすめ

今回のモデルコースでは銀座から少し離れた場所も紹介しています。

歩いて20分程度の距離ですが、往復分を考えると結構歩くのでスニーカーがおすすめです。

それが無理という方はその他の移動手段を調べてみてください。

 

12時30分:銀座木村屋総本店

銀座観光はお昼頃からゆっくり楽しみましょう!

小腹を満たすために、あんぱん発祥のお店「銀座木村屋総本店」でパンの購入です。

おすすめは「あんバター 250円」です。

 

12時45分:銀座三越の屋上テラスで食べる

あんぱんを購入した後は、そのまま三越の屋上テラスへ移動します。

ゆっくり腰をかけられる椅子があるのでそこで休憩です。

 

銀座出世地蔵尊:お祈りしましょう

先ほど紹介した「銀座出生地蔵尊」がいるので食事の後はしっかりお祈りしましょう。

写真からは想像できないかもですが、この地蔵案外大きいです。

見た瞬間「デカっ!!!!」と思いました。

 

補足:銀座三越は老舗百貨店

銀座三越は日本を代表とする老舗百貨店です。

出生地蔵尊を見るためだけに三越に行くのはもったいない。

せっかくなら、店内をぶらぶらしましょう。

 

13時50分:築地場外市場で海鮮を食べ歩き

胃の消化を促進させるために移動は徒歩です。

銀座から築地まではとにかく一本道を歩きます。

だいたい銀座から徒歩で20分くらいで着きます。

上記のとおり、マグロの看板がゴールです。

お店がたくさんあるので見るだけでも楽しいです!

 

私が行ったお店:海鮮丼のまるきた

お店選びに迷ったので、とりあえずインスタで人気のあるところを選びました。

「豪華四種盛り 3080円(税込み)」

お味噌汁は通常100円するのですが閉店間際にいったので無料で提供してくれました。

「寒いから奥に入りな」と気遣いも抜群です!

ご飯大盛り無料なので男性の方でも十分満足できる一品ですよ。

 

補足:ほとんどのお店が15時に閉まる

築地のお店は朝早くからやっているので閉まるの早いです。

私は14時近くに到着したのですが、閉めているお店もありました。

(コロナの影響もあると思いますが、、、)

なので、ゆっくり食べ歩きをしたいという人は遅くても13時頃に行くといいでしょう。

 

14時40分:心の癒やしを求めて!築地本願寺

築地場外市場から歩いて5分くらいのところにあります。

インド式のデザインが特徴的な建物です。

天気が良かったのでかなり写真映えしました。

入館前に、しっかり手を清めましょう!

 

いざ!入館

本願寺の中央にはパイプオルガンが設置してあります。

イベントの際に演奏されるようですが、コロナの影響で全て中止になっていました。

一度生で聴いてみたいですね。

館内に入ってすぐに「立礼焼香」をしました。

焼香とは、仏や死者に向けて香を焚いて拝むこと。

心と身体の穢(けがれ)を取り除いて清浄な心でお参りするための作法です。

しばらく館内でボーッとして心を浄化しました。

 

15時30分:銀座最大の商業施設「GINZASIX」

銀座最大級の商業施設です。

買い物好きな人にはかなりおすすめです。

建物中央の吹き抜け空間には、洗練されたデザインのアートが展示されています。

撮影当時は、吉岡徳仁の「Prismatic Cloud」

かたちを持たない光を表現しているんだとか。

 

6F蔦屋書店:四方八方を本で囲まれる

いつか本に囲まれた生活をしたい!

私と同じ想いがある人におすすめしたいのが6Fの蔦屋書店です。

「アートな暮らし」がコンセプにあるように、空間がアーティスティックです。

中央の椅子で自由に好きな本を読めるので、本好きにはたまらない場所です。

併設されているスターバックスでコーヒーを飲みながら読書するのもアリ!

 

18時00分:屋上テラスで銀座を一望しよう

3月の東京の日没時間は17時50分頃だったので、その時間に撮影しました。

もっと遅い時間だと一層夜景が綺麗だと思います。

日中でも充分に見えるのですがインスタ映えを意識するなら夜ですね。

ちなみに昼間の東京タワーはこんな感じです。

 

18時30分:銀座のシンボル「銀座和光の時計台」

この時計台は、古くからの銀座のシンボルだそうです。

クラシックな建物が個人的には好きです。

記念に1枚撮影しました。

 

まとめ

今回の記事では女性ひとりでも楽しめる銀座の観光スポットを紹介しました。

「銀座=高級」のイメージが強く行きづらかったのですが、お金が無くても充分に楽しめました。

築地の海鮮丼は今回3,000円のモノを食べましたが、800〜1,000円でも食べられるのでそこは財布と相談してくださいね。

GINZASIXの屋上テラスはお気に入りの場所で、東京タワーもスカイツリーも見れるなんてかなり贅沢だと思います。

銀座は他にも穴場がたくさんあると思うので散策しつつ、どんどん紹介していくのでお楽しみに!

この記事を読んで銀座いいなぁと思った方は、ゆるりと足を運んでみてください。

 

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です