ただ文章を書きたくて

ブログっていうものはもっと気軽で、

素直に思うことを吐ける場だと思っていた。

「お前の記事は面白くない」

「そこらへんの記事をコピペして集めたものの方が面白い」

「ただのレポート記事」

そんなことを言われた経験があって、もう記事なんて書きたくないと思っていました。

文章を書くことが好きだったのに、そんなことを言われて嫌になってしまいました。

私は何を意識しているんだろう。

人の言葉なんてそんなに重く受け止めることなのかな?

そう思うようになって、もう一度文章を書くことにしました。

たった一人の言葉でさえも、私にとっては重い言葉でした。

言葉は人を喜ばせることもあれば、刃物のように人を傷つけることもあります。

文章を書く(発信する)身として私自信も気をつけなければいけないことですね。

もっと素直に自分の言葉で伝えたい。

「ただ文章が書きたくて」







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です