失敗しない配当金投資をおこなうポイント

将来、安定した収益(キャッシュフロー)をつくるために、株式投資による配当金収入を得ることにしました。

キャッシュフローとは、現金の流れのことです。

私の場合は、将来何かあったときのための備えとして準備をしています。

安定して配当金を受け取るためには、どんな銘柄に投資していくのがいいのか?

色んな方のブログで勉強しながら、手探りで現在運用しています。

これから株式投資をはじめようと思う方の参考になればと、学んだことをシェアしますね!

 

スポンサードサーチ

配当金投資をする上で大事にすべきポイント

配当金を得る目的で投資をしていくためには、長期的な視点が必要です。

『ちびちびコツコツ丁寧に』を基本ベースとして、運用することが大切です。

配当利回りは高い銘柄でも6%程度。

短期でみても、大きなリターンは見込めません。

なので、長期的な視点は必須になってきます。

配当金投資のメリット
  • 毎年安定した収入源になる
  • 右肩上がりの積み上げ型である

この2つは、とても魅力的なメリットです。

 

配当金投資のメリットを活かすためのポイント2つ

メリットを活かすためには、ポイントが2つあります。

銘柄選びの際に重要にすべきポイントです!

配当金投資のポイント
  • 安定した収入源を得るために、安定配当銘柄を選ぶ
  • 右肩上がりで増やすために、増配銘柄を選ぶ

ここで失敗してしまうと、配当金投資のメリットを充分に得ることができません。

長期で配当を出し続けている企業に投資をしていくことで、必然とビジネスモデルが優秀な企業に投資することができます。

なので、安定した配当を出し続ける企業を選ぶ必要があるのです。

業績が悪かったら、配当なんて出せませんよね。

内部留保が潤沢であれば配当を出すことは可能かもしれませんが、いつかは配当を減らさざるを得ない状況が出てきます。

ムダなリスクを追う必要はありません。

普通配当とは別に、特別配当というものがあります。見た目の配当利回りは高いのですが一時的なものなので、その企業に投資していも継続して配当を受け取れる保証はありません。特別配当か普通配当かは、企業のIRページで確認することができます。

 

配当性向が高すぎる銘柄は避けること

私が参考にしている方の記事では、『配当性向が100%を超える銘柄は避けるように』との記述がありました。

配当性向とは、簡単に言うと会社が事業によって得た利益をどのくらい株主に還元しているかを表す指標です。

純利益(税引き後利益)の中から、配当金をどれくらい支払っているのかをパーセンテージで示したもの

この値が低いとダメなのか、と言われればそんなことはありません。

成長期の会社は利益を投資に回すことが多いので、配当性向が低くなる場合もあるからです。

逆に高すぎるのもよくありません。

例えば、配当性向が100%を超える企業は、利益以上の配当を出していることになります。

こうなると増配余力が乏しく、減配リスクが高くなります。

 

増配に積極的な銘柄を選べ

増配とは、配当金を増やしてくれることです。

ただ保有しているだけで、何もしなくても勝手に配当金が増えるのです。

これほど嬉しいことは無いですよね!!!!

配当金投資のさらなる魅力のひとつです。

例えば、約10年間で配当金を 5倍に増やしているにもかかわらず、配当性向が40%台のところがあります。

つまり、業績がそれだけ伸びていて、無理をせずに増配を続けているということ。

このような企業の銘柄をたくさん保有できれば、配当金生活も夢ではありません。

 

配当金投資で選ぶべき銘柄の特徴

配当金投資の大事なポイントのおさらいです。

配当金投資のポイント
  • 安定した配当銘柄を選ぶ
  • 増配銘柄を選ぶ
  • 配当性向が高すぎる銘柄は避ける

長期的な運用を考えているのであれば、目の前の配当利回りの高さ、ではなく増配力が高い銘柄を選ぶべきです。

増配が続きそうな銘柄を長く保有し続けることが大切。

それらは結果的に、副収入と言う心の安定をつくってくれます。

株って面白いですね!

株式投資では、ある程度の資金が必要になります。

お金を運用させるので当然のことですが、そんなに余裕がないという人もいると思います。

そんな方には、私も使っている少額投資可能な『SBIネオモバイル証券』がおすすめです!

SBIネオモバイル証券では、1株から購入できるため、低予算で投資することができます。

1株でも配当金を受け取ることはできるので、はじめて株式投資をする人にはおすすめの証券会社です。

Tポイントでも投資可能なので、そこも魅力的!!!

SBIネオモバイル証券メリット
  • 少額からでも個別株が買える(1株からでもOK)
  • 2,000円など金額単位で購入可能
  • Tポイントを利用して個別株が買える
  • 月50万円までの投資なら、取引手数料が200円で固定(Tポイントが毎月200Pもらえるので実質無料)

口座開設は無料で出来るので、興味がある方はぜひ使ってみてください。

口座開設後、手数料はクレジットカード払いなので、忘れずに登録しておいてくださいね。

SBIネオモバイル証券で資産運用をはじめました!

2019年9月29日






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です