不要な人間関係のポイントは自分の感情を偽っているかどうか

悩める人
人間関係ツラすぎ、胃に穴があきそう

こんな悩みを抱える人は多いと思います。

中にはストレスを抱えすぎて体調を崩してしまう人もいますよね。

もしアナタが人間関係に疲れているのなら、一度整理をしましょう。

身体に害を与える人間関係なんて不要です。

 

スポンサードサーチ

人間関係を整理することで自由な時間が増える

なぜ人間関係の整理をすべきなのか、それは自由な時間をつくるためです。

  • 行きたくもない飲み会
  • 嫌いな上司の接待

ストレスが溜まるだけの付き合いは時間のムダです。

自分にとって一番いい人間関係をつくることが、より良い人生をつくるためには大切。

人間関係の整理を行うことで、自分の時間を増やすことができます。

結果的に、新しいことにチャレンジする余裕が生まれ、人生の可能性も増えるのです。

しかし、『良い人間関係』を形成するのは簡単なことではありません。

なので、不要な人間関係を整理しましょうということです。

 

不要な人間関係の見極め方

不要な人間関係とは何か。

それを見極めるために、ある感情に着目します。

ポイントは以下の2つです。

ポイント2つ
  1. 自分の感情を押し殺している
  2. 自分の感情を偽っている

人と関わるとき、自分の感情が上記の2つに該当する場合、それは危ない関係と言えます。

自分の感情に嘘をつく人間関係を切っていくことが重要です。

 

自分の感情に嘘をつくほど人間関係は悪化する

どこにでも嫌なやつはいる

確かにそうですが、自分が関わる人くらい自分で選びたいものです。

ネガティブな感情を隠すほど、対人関係の満足は下がるしストレスも溜まると言われているのでなおさらです。

自分の感情に嘘をついてまで繋ぐ関係に、どんな価値があるのでしょうか。

この人に対して自分の感情が素直に言えるかどうか。

という点も大事です。

 

最後に

人間関係に悩む人に向けて、見極めるべき人の基準を書きました。

どんな人でも素敵なところがあるので、何でも関係を切ってしまうのはよくありませんが、どうしても無理な人っています。

自分を壊してまで付き合うことに何の意味もないと思っているので、苦しんでいる人は一度整理をしてみてください。

最後に見極めるべき人間関係のポイントをまとめます。

ポイント2つ
  1. 自分の感情を押し殺している
  2. 自分の感情を偽っている

自分を大切に、素敵な人間関係を構築しましょう。

 

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です