サイコパスに学ぶ!アホやバカを相手にしない技術

世の中には人をイラつかせる天才というものがいます。

それは”アホ”です。

バカとかアホを相手にするから人はイラッとしてしまうんですね。

でも大丈夫です!

サイコパスになれば、もうイラつくことはありません。

ぜひ皆さん、サイコパスになりましょう!!!!

サイコパスには2種類ある

サイコパスと聞いて皆さんはどんなイメージを持ちますか。

猟奇的な殺人鬼を思い浮かべる人もいるかもしれませんね。

サイコパスは主に2種類います。

  1. コミュニケーションスキルを身に着けたサイコパス:一次性サイコパス
  2. 他人のことは何も考えない超自己中なサイコパス:二次性サイコパス

猟奇的な殺人鬼は【2】の方でしょうね。

今回の記事では、一次性サイコパスを分析して『なぜ彼らは強い意志を持って自由に生きれるのか』を書いていきます。

サイコパスの定義
  • 他人に流されない
  • 決断が早い
  • リスクが取れる
  • 口がうまくい魅力的な人

サイコパスのここが凄い!!3つの特徴

サイコパスに対して、ほとんどの人が悪い印象を持っていると思います。

しかし、素敵なところもあるのです。

▼サイコパスのここが凄い!!▼

  1. 合理的で、感情に対して執着がない
  2. 他人からの罵詈雑言やプレッシャーを気にしない
  3. 心が動じない

社会的に成功している人にはサイコパスが多いと言われています。

例えば、社長・外科医・弁護士・芸能人などです。

サイコパスの能力を身につける3つの方法

サイコパス能力を身につけるには3つの方法があります。

  1. 心の変化を客観視する
  2. イメージをただ観察する
  3. 妄想する

それぞれ詳しく書いていきます。

1.心の変化を客観視する

自分の心がどう変わったのか、一歩引いて観察します。

例えば、怒ったとき、その感情がどう変化したのか考えます。

悲しいときでも、辛いときでもOK!!

これが上手にできるようになると、ネガティブな思考や感情に対してもただ単に観察するということができるようになります。

 2.イメージをただ観察する

タイガーマスクトレーニングです。

目を閉じて「トラ」の姿を思い浮かべます。

手順はこんな感じ

  1. リラックスした状態で目を閉じる
  2. 目の前に「トラ」のイメージを思い浮かべる
  3. そのイメージを変化させようとせず、ただ観察する。
ポイント
意識してトラを動かしたり角度を変えたりしないこと。

慣れてくると、イメージが勝手に動き出すのを見つめる感覚が掴めるようになります。

3.妄想する

  1. 一番最初にすごい幸せな場面を思い浮かべる
  2. 一歩引いたところから見つめる=勝手に物語が展開されていくのを見つめる
  3. 空想を観察している自分を観察する

これができるようになると、目の前で起こっていることや感情に対して距離を置いてみることができます。

上記の手法を、デタッチドマインドフルネスといいます。

ネガティブな思考や感情から距離をおいて、ひたすら観察に徹する状態。例えば、不安の感情が出たとき「なぜネガティブな思考が起きているのか?」と分析してはいけません。分析せず、ただ観察するのがポイントです。

悩みや不安の対象から一歩引いた視点を持つタイプのマインドフルネスです。

なぜ私たちは人間関係でトラブルを抱えるのか?

それは、空気を読んで周りに合わせようとするから。

次第に我慢できなくなって、愚痴ったりするようになります。

結果、言動不一致になって信頼感がなくなるのです。

「すぐ裏切りそう」「自分の意見がない」と思われ、相手が自分のことを誤解しやすくなります。

相手の主張や反応を予測した上で自己主張をしないと、衝突や摩擦が生まれてしまいます。

わかりやすい人になろう

自分の価値観がはっきりしていて、好き嫌いが周りにはっきり伝わっていて、それが一貫していること。

他者と自分の違いを明確にすることが大事です。

わかりやすい人(プレディクタブル)になることで、他人が自分の行動を理解しやすくなります。

いつも予測できる行動をとってくれるので、期待を裏切ることもなく信頼されやすくなります。

好き嫌いをはっきりさせる生き方が一番なのですが、サイコパス性を持ってないとできないといわれています。

最後に

変化や流動性が激しい社会では、一貫性のあるキャラに安心感が生まれます。

サイコパスになる方法
  1. メンタルを鍛える=デタッチドマインドフルネス
  2. 自分の得意なものを発信する=自分のキャラを表現して外向性を発揮

上記の2つを鍛えることで人間関係が辛くなくなります。

人間関係を壊すのは、自分のキャラを偽って生きている人です。

我慢して、同調しているだけではダメなんです。

まずはメンタルを鍛えて動じないようにすること。

そして、自分が得意なものを発信して個別性を明確にしましょう!

▼参考書籍▼






1 個のコメント

  • I have been browsing online more than 2 hours today, yet I never found any interesting
    article like yours. It is pretty worth enough for me. Personally, if all website owners and bloggers made good content as you did, the web will be much more useful than ever before.
    Ahaa, its pleasant conversation on the topic of this piece of
    writing at this place at this web site, I have read all that, so at this time me also commenting at this place.
    I’ve been browsing online greater than three hours today,
    yet I never discovered any attention-grabbing article like yours.

    It’s lovely value sufficient for me. In my view, if all web owners and bloggers made good content material as you
    probably did, the internet will be much more useful than ever before.
    http://hats.com

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です