堀江貴文「手取り14万?お前が終わってる」問題から考える無知の怖さ

ホリエモンが炎上しています。

以下のツイートが今とても熱いですね。

税金高いし、消費税も10%だし世知辛い世の中ですよね。

こんな時代にどう生きればいいのか、悩む人も多いと思います。

でも大丈夫です!そんなに世の中は厳しくなくて給料安くてもやっていけるんです。

大事なのは『情報』

その理由について詳しく書いていきます。

 

スポンサードサーチ

手取り13万円の時代が私にもあった

少しだけ私の話しをしますね。

私は看護師をしていますが、手取りが13万円の時代がありました。

看護師というと、高給取りなイメージをもつ方もいると思いますがそんなことはありません。

勤め先によってピンきりなのです。

私の事例
  • 休みは月4日
  • 夜勤含む10連勤がある
  • 有給ほぼ取れない
  • 残業平均1時間
  • 手取り13万〜15万円
さすがに精神と身体がおかしくなったので辞めました。

勤務期間は1年3ヶ月程です。

身体もキツイし、精神病むし、給料安いしのオンパレードだったので辞める決断は早かったです。

ただ、同じように不満を抱きながら何十年も務めている上司もいたので、「日本終わってる」発言の人は決して特殊な人ではないんだなと思います。

 

情報を知らないと搾取されるだけの人間になる

世の中は無知な人から搾取するようにつくられています。

『知らない』だけで損するようにつくられているのです。

  • 無知であるためにお金儲けの方法がわからない
  • 会社のいいなりになって安いお金でコキ使われる
  • 賢い人に騙されて貧乏になってしまう

世の中はどんな綺麗事を並べても、弱肉強食の世界なのです。

貧乏はイヤだ、格差下流から脱したい。

そう思うのであれば、自ら勉強して努力して賢くならなければいけません。

 

無知だと現状打破できない

知らないと解決方法がわかりません。

だから現状打破できないのです。

  • 頭が悪いから
  • 自分には能力がないから

そこじゃない、無知だからです。

知らないということは別に恥ずかしいことではありません。

もっと良くなる可能性がたくさんあるということ。

 

無知だと不安ばかり募ることになる

人はなぜ不安を抱えてしまうのか。

それが解決方法がわからないからです。

例えば、手取り14万円で『日本終わっている』と発言した人も、それを脱する方法がわかれば不安になることもないし、そんな発言もなかったと思うんです。

それがわからなかったから、12年間も同じところで働き続けることになったんでしょうね。

 

手取り14万円は解決できる問題

世の中には解決できない問題もあります。

しかし『手取り14万円』という課題は解決できる問題です。

例えば以下の方法があります。

  • 転職して収入をあげる
  • 副業して+αの収入を得る
  • 生活コストを下げる

生活コスト(固定費)を下げる方法の代表例としては、携帯代があります。

大手キャリアから格安SIMに変更するだけで数千円浮きます。

大手キャリアで携帯代1万円払っている人は、格安SIMに変更するだけで約8000円浮きます。年間で9万6000円です。

 

最後に

どんな問題も解決できる可能性はあるし、それを前提に物事を考えればいくらでも方法は浮かんできます。

そのためには『情報』が大事だということ。

その理由を以下にまとめます。

『情報』が大事な理由3つ
  • 情報を知らないと搾取されるだけの人間になるから
  • 無知だと現状打破できないから
  • 無知だと不安ばかり募ることになるから

これからの時代、最も怖いのは金銭格差ではなく情報格差だと思います。

ネットが発達した現代では、いつでも誰でも世界中の情報にアクセスできます。

これらを活用して、自分から積極的に情報を取りにいきましょう!

 

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です