「いま、ここ」に強烈なスポットライトを当てよ

生きることに迷いがあるのなら”今に注力すること”が大事です。

アドラー心理学『嫌われる勇気』にはこんなことが書いてあります。

人生とは、いまこの瞬間をくるくるとダンスするように生きる。連続する刹那なのです。ダンスを踊っている「いま、ここ」が充実していれば、それでいいのです。

 

スポンサードサーチ

「いま、ここ」の積み重ねが明るい未来を築く

”今が楽しければそれでいい”

こんな考えに否定的な人も中にはいると思います。

あまりにも計画性がないじゃないかと。

ただ、よく考えて欲しい。

計画というものは、「いま、ここ」を真剣に生きるための道標に過ぎません。

逆をいうと、「いま、ここ」を真剣に生きていたら計画なんて必要ないのです。

 

「いま、ここ」を真剣に生きるべき

アドラー心理学『嫌われる勇気』からもう一節。

人生全体にうすらぼんやりとした光を当てているからこそ、過去や未来が見えてしまう。

もしも「いま、ここ」に強烈なスポットライトを当てていたら、過去も未来もみえなくなるでしょう。

われわれはもっと「いま、ここ」だけを真剣にいきるべきなのです。

過去にどんなことがあったかなど、あなたの「いま、ここ」になんの関係もないし、未来がどうあるかなど「いま、ここ」で考える問題ではない。

過去にも未来にも振り回されない。

強く生きるためには「いま、ここ」を真剣に生きるのが大事。

 

過去を否定する生き方だけはしたくない

過去にどんなことがあったかなど、あなたの「いま、ここ」になんの関係もない。

この言葉には、共感できません。

経験や失敗、後悔から学ぶべきことはあるからです。

その教訓が今の私を形成していると思っているので、なんの関係もないことはない。

ただ、過去のできごとを学びにできない状態なら、考えるべきタイミングではないし。想起する必要性もないと思うのです。

過去を否定するなんて、自分にも相手(関わった人々)にも失礼だから。

 

悩みの最大の原因は、変えられないものに囚われるから

未来は変えられるというけれど、それは違います。

変えられるのは「いま、ここ」だけです。

将来が不安で仕方なかったら、いまを真剣に生きるしかありません。

自分にとっての”正しさ”を貫くのです。

過去に後悔をしているのなら、それこそ真剣に生きてください。

どんな結果が待ち受けているかわからないけど、いまを一生懸命に生きていたら、どんな答えでも納得できるから。

▼今回のおすすめ本▼







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です