悪口を言う人は不快しか与えないので関わらなくて大丈夫です

どこにでも他人の悪口を言う人っていますよね。

そんな人とどう関わっていいのか悩む人もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、関わる必要はないです。

悩むくらいなら関係を切ってしまうのもアリです。

何も問題はありません。その理由を解説します。

 

スポンサードサーチ

悪口は幸せを生まない

悪口を言っても誰も幸せにはなれません。

  • どこのだれかわからない人
  • 見たこともない人

例えそのような人であっても、それが聞こえてくるだけで不快な気持ちになってしまいます。

それだけ悪口は負のオーラを持っている、ということなんです。

人の悪口でストレス発散って、なんだか哀しいですね。

その間、自分が楽しいこと、わくわくするようなことを考えてればいいのに。

そんなんじゃ、楽しい人生は送れませんよ。

 

悪口を言うと人はブスになる

悪口を言っても何も解決しません。

言っている人はスッキリするかもしれませんが、結果的には一歩も前進していないのです。

そして最悪なことに、普段からやっていることは顔に出てしまうので、悪口が習慣の人はブスになります。

思い出してみても、悪口ばかり言っている人は、だいたい顔も意地悪そうです。

そんな話題しか出せないような人生って、虚しいですよね。

もっと自分が楽しいことだったり、わくわくするようなことを話して過ごせばいいのに。

 

悪口で深まる絆ほど浅いものはない

お互いに悪口を言い合っていると、それで絆が深まるような感覚になります。

特に女性の場合は「共感」という部分を大切にしてコミュニティをつくる人が多いので、自分が悪口を言っていると同じように悪口を言う人が集まってきます。

たとえ共感できる内容だとしても、絶対に乗っかからないようにしましょう。

『類は友を呼ぶ』ではないですが、悪口が悪口を呼び、どんどん人として醜くなっていきます。

言っている人たちは楽しいのかもしれませんが、ただの薄っぺらいコミュニティにしか過ぎないので仲間に入る必要もありません。

 

悪口ばっかりの人と関わる必要はありません

もし周りに他人の悪口ばかり言うような人がいたら、なるべく距離を置くようにしましょう。

悪口を言う人は、その場では仲良くしていても、別のところでは自分の悪口を言っていたりするものです。

そういう人と無理に仲良くしようとすると自分が精神的に辛くなってしまいますよ。

やっぱり陰で言ってたんだ、っていうのがわかった途端、なんとも裏切られた気持ちになります。

自分の人生を楽しいものにするために、ある程度は人間関係も取捨選択すべきです。

少しでも苦しいと感じるのであれば、その人間関係はいい影響を与えないものかもしれません。

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です