漫画「HUNTER×HUNTER」に学ぶ、運命は偶然ではなくて必然的なもの

 

冨樫義博による日本の少年漫画作品『HUNTER×HUNTER』をご存知でしょうか?

主人公の少年ゴン=フリークスが、まだ見ぬ父親のジンと会うために、父の職業であったハンターとなり仲間達との絆を深める物語です。

休載期間がとても長いことで有名な漫画でもあります。

私はこの漫画を読んで、運命について考えました。

ここでいう運命とは、人生を変えるきっかけになった出会いのことです。

この漫画に登場する主人公ゴンとその親友キルアに焦点を当て、運命について書いていきます。

 

スポンサードサーチ

全く異なる環境で育ったふたり

漫画『HUNTER×HUNTER』主人公のゴンは、自然の中でスクスク育った普通の少年。

それに対してキルアは、世界で一番有名な殺し屋ゾルディック家の息子。

まさに正反対といっても過言ではありません。

そんな二人はある日ハンター試験で出会いました。

 

ふたりが親友になるまで

殺し屋として生きていくことに窮屈さを感じ「もっと他の人生も歩んでみたい」との思いでハンター試験に参加したキルア。

そこで、夢や目標に一直線に向かうゴンの姿を見て仲良くなりたいと思いました。

同い年というのもあってふたりはすぐに打ち解け合い、のちに親友関係となってストーリーは進んでいきます。

  • お互いがお互いを大切に思う関係
  • 人生や生き方に刺激を与え続ける相手

ストーリが進んでいくうちに、互いに友達以上の大切な存在になりました。

ハンター試験での出会いは、まさに運命的なものだと私は思ったのです。

 

日常生活で感じる運命的な出会いとは

運命的な出会いを求めている人は多いと思います。

少年漫画『HUNTER×HUNTER』に登場する、ゴンとキルアのような関係を望んだり、そんな人と出会いたいと強く思うものです。

しかし、リアルでそれを感じる人は少ないのではないでしょうか。

いわゆる運命的な出会いというのを。

それはなぜかと考えたときに、私たちは運命というものを偶然的なものだと考えているからじゃないかなと思いました。

つまり『じっと待っていたら訪れるもの』という考えです。

その考えは正直、小さな可能性にかけて買う宝くじと同じです。

 

運命的な出会いを望むのなら

出会いが運命的なものであったと言えるように自分でつくっていく

これが運命的な出会いを形成するための大事な考えです。

だれでも一度は運命的な出会いを経験しているはずなんです。

「この人と出会って人生が変わった」と感じた経験を思い出してみて下さい。

  • 結婚相手、恋人
  • 恩師
  • 師匠

出会った瞬間は、それが運命的なものかはわかりません。

何年か経った後に、あの人が運命の人だったと気づくのがほとんどです。

  • その人とどんな関係になりたいのか
  • 自分がどんな人生を歩んでいきたいか

この考えがとても大事。

その出会いが運命だったかなんて、それは後からいくらでも理由付けできるのです。

だから、運命というのは偶然じゃなくて必然的なものと私は考えます。

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です