【書評】1440の使い方 成功者達の時間管理15の秘訣

 

限られた時間を有効に使うために、時間管理に関するオススメの本を紹介します。

『1440の使い方 成功者達の時間管理15の秘訣』

  • 自由な時間がなくて毎日ストレスを感じている
  • 少ない時間で高い生産性を出したい
  • いくら時間があっても足りない

こんな悩みを抱える人に適した書籍です。

お金は失っても取り戻すことがでますが、時間は一度失ったら二度と取り戻すことはできません。

今ある生活をより良くする為に、時間管理術について学びましょう。

スポンサードサーチ

 生産性を高めるために必要な3つのこと

生産性を高めるに重要な考え方があります。

それは、Most Important Task(何に専念し、それをどうやってやるか)

略して、MIT と呼ばれる考え方です。

具体的な考えは3つ

  1. 自分にとって最も重要なタスクを見極める
  2. それを成し遂げるために、今何をすべきか優先順位を付ける
  3. 優先順位が高いものをひとつずつこなしていく

この本のタイトルにある1440とは、1日の時間(分)のことです。

この時間を有効に使うためには、やるべきことを絞り焦点を当てて実行することが大切です。

そうすることで、自分のために使える時間が増えます。

生産性の高い時間の割合が増えるということですね!

 

To doリストは不要!時間も生産性も削ぐ

大成功した人々は、To do リストによる優先順位の管理はしない。

本書ではそんな内容が書かれていました。

他にも、『マルチタスクではなくシングルタスク』

なぜこう言えるのか、それぞれ詳しく書いていきます。

 

To doリストがもたらした誤算

やるべきことが多いと、必然とTo do リストの項目も増えます。

リスト作りそのものに時間がかかってしまい、本末転倒です。

また終わらないタスクにストレスを感じてしまうという副作用もあり、かえって生産性を削ぐということもあります。

 

まずはひとつのことに集中しましょう

2つ目の”マルチタスクではなくシングルタスク”についてです。

シングルタスクとは、ひとつずつ終わらせながら進めていく、ということです。

同時進行で作業をすることとは違います。

ひとつずつ着実にこなすことで、終わりがみえてくるのでストレスもなく達成感を得ることができます。

あれやこれやと手を出すと、中途半端な状態になり、余計にストレスを感じてしまいます。

 

自由な時間を増やし”好き”で満たされた人生にしましょう

限られた時間を有効に使うために最も大切なことは以下の考えです。

Most Important Task(何に専念し、それをどうやってやるか)

より有益に今日を過ごすために、私たちは何をすべきかしっかりと考える必要があります。

そして、その”考え”は誰かに決められたものではなく”自分自身で導き出したもの”であること。

ここが最も大切です!

あなたの1日がより素敵なものになりますように。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です