【フィリピン】就労ビザはすぐに取得できない!まずは観光ビザの取得から

こんにちはAyumiです!

今年の春から、フィリピン・セブ島での就職が決まりました。

海外勤務は今回が初めてです。

ビザの取得や海外で生活をするにあたっての準備など、何もわからない状態なので、自分で調べつつ記事にまとめていきます。

会社が色々とサポートしてくれるので、今回の記事では個人ですべき最低限の準備に関して書きます。

間違った情報もあるかと思いますが、その都度修正しながらリアルタイムで情報をお届けします。

 

渡航前にまずは観光ビザの取得

フィリピンに30日以上滞在する場合は、ビザが必要になります。

今回、フィリピンでの就職なので「就労ビザの取得方法」について調べていたのですが、その前に観光ビザの取得が必要だと言うことがわかりました。

理由は以下です。

  • 就労ビザは、フィリピンで申請する
  • 発給まで約2〜3ヶ月かかる

「就労ビザ」はそう簡単に取得できないのですね。

先述したように、フィリピンに30日以上滞在する場合はビザが必要です。

しかし、就労ビザはすぐに取得できるものではないので、その間は観光ビザで滞在するということです。

 

観光ビザはどうやって取得するのか?

観光ビザの取得条件はひとつ「パスポートの有効期限が6ヶ月以上あること」です。

申請は日本でもフィリピンでも可能ですが、フィリピンで申請するとお金がかかります。

日本で申請すると無料です!

観光ビザの取得に際して、注意点がひとつあります。

それは、発給されてから3ヶ月以内にフィリピンに入国することです(義務化)

 

申請場所は国内で2箇所

観光ビザは、日本の「フィリピン大使館」または「総領事館」で取得できます。

申請場所は以下の2箇所です。

申請できる場所

①フィリピン共和国大使館領事館

住所:東京都港区六本木5−15−5

TEL:03ー5562ー1600

②在大阪・神戸フィリピン総領事館

住所:大阪府大阪市中央区城見2−1−61 Twin 21 MID Tower 24F

TEL:06ー6910ー7881

出発までに時間がない人や30日以上滞在するかわからない人、東京や大阪のフィリピン領事館が遠いという人は、フィリピンでの申請がいいと思います。

フィリピンで申請する場合、3030ペソ(約6520円 1/24日現在)必要

 

申請に必要な書類

「ビザ下さい」の一言で取得できたら、なんて楽なんだろうと思いますが世の中そんなに甘くはないですね。

必要書類に関して以下にまとめました。

必要な書類
  • パスポート原本
  • パスポート写真のあるページのコピー 1部
  • 証明写真 (3.5×4.5cm、フルカラー)1枚
  • 預金通帳の原本
  • 最新の取引明細あるいは残高証明書

上記項目以外にも、ビザ申請書(領事館窓口でもらえる)や雇用証明書、フライトスケジュールを証明するもの(E-チケット)などが必要ですが、個人で最低限準備すべきものについてピックアップしてます。

 

就労ビザ取得までは観光ビザで滞在する

初回の観光ビザの取得では59日間の滞在が認めれています。

60日以上滞在するときは、現地で滞在延長手続きが必要です。

就労ビザを申請してから発給まで、約2〜3ヶ月かかるので、初回の観光ビザでは期限が足りない場合もあります。

その際は、観光ビザを延長して申請が下りるのを待つしかありません。

申請場所は、フィリピンの各都市にあるイミグレーション(入国管理局)です。

重要都市のイミグレーションは、入国管理局サイトに掲載されています。

セブ島の申請場所

セブ(CEBU IMMIGRATION DISTRICT OFFICE)

住所:2nd Level J Center Mall,A.S Fortuna St.,Bakilid, Mandaue City, Cebu 6014

TEL:(032)345-6441

 

最後に

人生初の海外勤務に今年の春から挑戦することにしました。

渡航準備に関しては、就職先の会社が手続きをサポートしてくれますが、全て会社任せにするのは自分のためにも良くないと思ったので、手順について調べました。

今年の3月から本格的に始動するので、よりリアルな情報を記載できると思います。

以下、まとめです。

  • フィリピンに30日以上滞在する場合はビザが必要
  • 就労ビザの発給まで約2〜3ヶ月かかる
  • その間は、観光ビザで滞在する
  • 観光ビザは日本国内で申請すれば無料

初めての経験は不安も大きいですが、それを解消するためにはいかに事前準備をするかとだと考えます。

今の時代、情報はいくらでも取得できるので、己のリサーチ能力を駆使して不安を解消していきます。

これから海外勤務を考えている人の参考になるように、連載していきます。

 

 

 

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です