【初心者】Instagramでターゲット選定する方法

Ayumi
ターゲット選定について知りたい。「まずはターゲットを決めることが大切」という話を聞いたけど、どうやって考えたらいいんだろう。いまいちわからないので知りたいです!

こういった疑問に答えますね。

MUP単位取得タスク

約3ヶ月間のMUP単位取得タスクが始まりました。

最初の課題は、Instagramアカウントの運用です。

  • 今月内容:ブランディング&発信スキルを身に付ける
  • 今週内容:Instagramアカウントを本格的に運用する(準備編)

この記事を書いている私は元看護師で、今年の3月から営業職に転職しました。

マーケティングとは無関係の世界で過ごしてきたので、みなさん一緒にがんばりましょうね!

 

Instagramでターゲット選定する理由

効率的にマーケティングをしていくためです。

ターゲット選定ができてないと「誰に向けて発信してるんだっけ?」ということになりかねません。

それでは、軸がブレブレで誰にもささらないアカウントになってしまいます。

 

Instagramでターゲット選定する方法

「ターゲット=過去の自分or身近な知人」でいいかと。

イメージが湧かないターゲットは不要

マーケティング系の本を読むと、次のようなターゲット設定が書かれています。

ターゲット設定

年齢、職業、家族構成、性別、趣味、、、etc.

最初に目にした時は「なるほど!ふむふむ」という感じでした。

しかし実際に作ってみようとしても、何も思い浮かばないというのが本音です。

そして試行錯誤しつつ、遂には嫌になって辞める、、、こんなことが何度かありました。

仮に詳細にターゲットを設定していても、それがイメージできないなら意味がありません。

 

宇多田ヒカルに学ぶターゲット選定

ターゲット選定で重要なことは「相手のイメージが鮮明であること」です。

例えば、母親に感謝の手紙を読むシーンで私達が泣いてしまうのは、「たったひとりに向けられたもの」だからですよね。

まさにこれが本質だと思っていて、考えるべきことは「相手の顔が見えているか」です。

 

過去の自分をInstagramのターゲットにしました

私自身、SNSがきっかけで色んなことに興味を持ち活動の幅を広げていきました。

当時の自分は何に悩んで、どんなものを欲して、何をきっかけに今日まで至ったのか。

振り返りもかねて、過去の自分をターゲットにして深堀りしていきました。

■基本データ

性別:女性

年齢:24歳

所得:280万円

世帯規模:独身

学歴:専門学校卒

#好きなもの

海外旅行、EDM、読書

ごく一般的な社会人の女性です。

基本データだけでなく、背景や問題などを書き出すことでよりイメージが深まります。

■この人はどんな問題を抱えているのか?

#背景

中学時代に両親が離婚、経済的に余裕がない家庭で育ち近場で遊ぶことが多かった。社会人になり金銭的余裕ができたものの、幼少期の習慣が変わることなく行動範囲は狭い。SNSの普及や交流の幅が広がるにつれ、非日常的な世界への関心が強まっているが、現状何も変わっていない。

#抱えている問題意識

金銭的な余裕ができたものの、楽しみ方がわからず、ただ同じ日常を過ごしている。今の生活に満足感を得ることはなく、このままでは時間だけが過ぎてしまうと焦っている。

#問題が解決できない理由

行動することに抵抗感(不安や損失等)を感じている。「失敗するくらいなら何もしない」という現状維持思考が拭えず行動に移せない。

#なぜInstagramで「#####」をフォローするのか

観光・旅行系のハッシュタグで検索をして、たまたま見つけた。「日常を非日常に」というコンセプトに惹かれたから。日常を楽しめるイメージが写真から想像でき、自分も同じように行動してみようと思った。

こんな感じでターゲットを設定していくと、マーケティング手法が明確化できます。

インスタ映えを狙うよりも、もっと身近に感じられるようなアプローチ(コンテンツ)の方がいいのかなと思えるのです。

 

ターゲットが明確だと軸がブレない

発信スキル(伝えるスキル)を上げていくためには前提として、誰に伝えるかが大切です!

「ターゲットは〇〇なので、〇〇のようなコンテンツはどうか?」

こういった感じで次の手法を考えやすくなります。

また、今後マーケティング施策を考えていく際に意思決定も早くなりますよね。

ターゲット選定に苦戦する人は多いと思いますが、作る価値アリなのでぜひ参考にしてください。

 

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です